クレンジング次第で肌は変わる

どのようなクレンジング剤が肌によいか?

クレンジング剤のタイプでどれが一番よいということは言いきれないと思います。
それだけ、クレンジング剤の良し悪しがあって、私達の肌質もそれぞれ違うからです。

 

絶対に避けた方がいいことというのはあります。
・絶対に化粧は落として寝る
・顔を擦り過ぎない
このふたつは、どのようなクレンジング剤を使うということ以前に守らなければならないことです。

 

一般的にいえるのは、クレンジング剤の中に悪い成分が少しでも少ないものを選んだ方がよいということです。
一番よく言われているのが、合成界面活性剤などの洗剤成分です。
他に、パラベン・防腐剤・合成ポリマー・紫外線吸収剤・アルコール・合成香料・タール色素などがあります。
よく商品の裏に主成分が書いてあるので見てみるとよいでしょう。
一般的に、安い商品にはどうしてもそういった成分が多く入っているようです。
天然素材や無添加のクレンジング剤が高いことでも分かると思います。
あまりに安すぎる商品は少し心配ですね。だからといって、高いものだとすべてがよいというわけではないのであしからず。

 

また、芸能人などのテレビを通じた発言にも信用してよいものと、そうでもないものがあるでしょう。
お勧め商品が企業とのタイアップだったなんていうこともなきにしもあらず。