クレンジング次第で肌は変わる

ミルク系クレンジング剤どうなの?

数あるクレンジング剤でも、ミルク系クレンジング剤は肌への摩擦が少なく優しいというだけあって、一部の人には人気です。
私も使ったことがありましたが、やはり刺激は少なくて肌には優しいと思いました。
しかし、デメリットをいえば落ちているのどうかが今一つ分からないということ。
刺激が少ない分、クレンジングに手ごたえが無いということでした。
クレンジング出来ているかどうか不安になって、数回洗ってしまったことも。
あんまり顔を洗いすぎもよくない・・・みたいなことも聞きますから、このクレンジング方法も心配性の人には不向きかもしれません。
あと、バッチリメイクの人も。
これだけ優しいタイプになると、アイメイク無しで化粧そのものもしているのか?というくらいの人に適しているような気がします。
いわゆるナチュラルメイク派の人ですね。

 

また、肌が極端に弱いというような人にもいいかもしれません。
汚れをきちんと落とすことも必要だし、肌に摩擦をかけないことも重要だし・・・クレンジングって本当に難しいですね。
ミルク系クレンジング剤が、他のタイプのクレンジング剤に比べてあまり多く売られていないということも、万人向きではないという気もします。
最近では、なんだかんだいってアイメイクが濃いですし、ファンデーションそのものより部分的にメイクが濃い場合が多いのでそういうメイクをされている人にはちょっと違うかなぁといった印象です。